• 33.VIN

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い申し上げます。


『おめでとう』という言葉の響きには、やっぱりシャンパーニュがよく似合う。

じじつ、シャンパーニュメーカーにシャンパーニュのイメージなどを尋ねると『喜びのお酒』というコメントをよく聞く。


レコルタン・マニピュランのような生産者はワインに寄せた表現を使うことがあるが、概ね華やかなイメージを口にする。


皆さんは年末年始にどのようなワイン・シャンパーニュをあけられましたか。


今年も良いワインライフを。

最新記事

すべて表示

価値あるもの

毎月どこかしらのワイン生産地を訪問するようにしていて、先月はアルザス地方とブルゴーニュ地方。今月はシャンパーニュ地方とブルゴーニュ地方。1ヶ月で複数地方を訪れることも少なくない。 そういうことをしていると、否が応でもいろんなものが蓄えられていく。 知識であったり、経験であったり、人脈であったり、それはそれは『価値あるもの』である。 今回、突発的なブルゴーニュ行きもそれらの『価値あるもの』によって救

気ままにブルゴーニュ

パリの大規模ストライキの未曾有の喧騒を尻目に車を走らせたわけだが、ふと気付くと、カーナビもグーグル・マップも使わず東京−名古屋間ほど離れたブルゴーニュに向かっていた。 仕事ではないにしろ、さすがにノープラン過ぎるので、道中、会いたいと思う生産者さん達に連絡を入れ、今日の気分に合いそうなワインとお料理のお店を予定に入れた。ホテルも定宿をネットから予約し、お土産にブルゴーニュ・トリュフもいいな、とひら

そうだ ブルゴーニュ、 行こう。

パリは大規模なストライキによって、電車・バスの交通機関はほとんど止まっており、皆が車を使うため、交通量が増えすぎて渋滞が起こり、あげくに抗議デモ集団が道路を閉鎖しちゃうものだから、怒号やクラクションが飛び交う未曾有な事態に陥っている。 そんないつにも増した都会の喧騒から離れようということで、『ブルゴーニュ』にいってきます。